WordPress管理画面の404エラー!Site Guard WP Pluginが原因だった

WordPressの管理画面にログインしようと思ったら、まさかの404エラーでログインできない!
その原因がWordpressの人気無料プラグイン「Site Guard WP Plugin」でした。
解決方法はとても簡単なので、もし同じように「Site Guard WP Plugin」を入れてて、404エラーが出てしまった場合はこの対処方法を試してみてください。

スポンサーリンク

Site Guard WP Pluginの何が原因だったか

「Site Guard WP Plugin」は、もうほとんどと言っていいほどインストールしている方が多い超定番のセキュリティプラグインです。
設定もほぼ触ることなくデフォルトのままでいいのですが、一つ「管理ページアクセス制限」という項目があります。

Site Guard WP Pluginの何が原因「管理ページアクセス制限」

「管理ページアクセス制限」とは、以下のように説明があります。

管理ページ(/wp-admin/以降)に対する攻撃から防御するための機能です。ログインが行われていない接続元IPアドレスに対して、管理ページのアクセスを、404(Not Found)で返します。ログインすると、接続元IPアドレスが記録され、当該ページのアクセスを許可します。24時間以上ログインが行われない接続元IPアドレスは、順次削除されます。この機能を除外するURL(/wp-admin/以降)を指定することができます。

どうやらこれが原因で404エラーがでてWordpressの管理画面にログインができない模様。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法

「Site Guard WP Plugin」による404エラーの対処方法です。
改めて管理画面にログインできるようにするためには、「.htaccess」ファイルを触ります。

ここからはエックスサーバーでの説明になります。
まずは「.htaccess」を編集できる画面までの行き方です。
※ローカル環境で「.htaccess」を編集してもOK

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインをします。
https://www.xserver.ne.jp/

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法サーバーパネルにログイン

「ホームページ」内の「.htaccess編集」をクリックします。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法「.htaccess編集」

.htaccessを編集するドメインの「選択する」をクリックします。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法「選択する」

タブを「.htaccess編集」に変えます。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法「.htaccess編集」に変更

.htaccessが表示されます。
その中に「#SITEGUARD_PLUGIN~」という部分がありますので、探してください。

SITEGUARD_PLUGIN

念のため新しいログインページのURLが間違っていないか確認

「.htaccess」ファイルを触る前に一つ試しておいた方が良いのは、新しいログインページのURLでアクセスできないかです。

「Site Guard WP Plugin」の設定画面に「ログインページ変更」という項目があります。
これによりWordpressの管理画面にログインするURLが「http://ドメイン/wp-login.php」から「http://ドメイン/login_(5桁の数字).php」に変更になっています。

そのため、一度この新しいログインURLでログイン画面が表示されないか確認しておいた方が良いです。

新しいログインページのURLが分からない!

という場合は「.htaccess」ファイルから確認できます。

先ほど見つけた「#SITEGUARD_PLUGIN~」という記述があります。
その記述内に以下の一文があると思います。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法新しいログインページのURLの確認

RewriteRule ^login_12345(.*)$ wp-login.php$1 [L]

これが「ログインページ変更」による新しいログインURLです。

サイトURLがhttps://1bocci.com/の場合。
https://1bocci.com/login_12345

一度この新しいログインページにアクセスしてみてダメだったら以下の方法を試して下さい。

.htaccessを修正して404エラーを解除する

やっぱり404エラーがでてしまう場合は、「#SITEGUARD_PLUGIN~」の記述内に以下の一文があると思います。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法.htaccessを修正して404エラーを解除する

RewriteRule ^wp-admin 404-siteguard [L]

これを削除してください。

そして最後に「実行する」をクリックして下さい。

Site Guard WP Pluginの404エラーの対処方法を実行する

これで404エラーはでなくなって、Wordpressの管理画面にログインができると思います。

スポンサーリンク

最終手段はSite Guard WP Pluginごと削除

これは最終手段ですが、「Site Guard WP Plugin」ごと削除する方法もあります。
セキュリティプラグインは何かしらでトラブルを引き起こすことがありますので、やり方だけ覚えておくと良いと思います。

まず「.htaccess」ファイルから以下の「Site Guard WP Plugin」の記述を全て削除します。

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START ~ #SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

までを削除。

Site Guard WP Pluginごと削除

続いてレンタルサーバーのファイルマネージャかFTPクライアントソフトで「Site Guard WP Plugin」のフォルダを削除します。
ここもエックスサーバーのWebFTPからの削除方法で説明をします。

エックスサーバーから「WebFTP」にログインをします。
https://www.xserver.ne.jp/

ファイルマネージャ

「Site Guard WP Plugin」を削除したいドメインのフォルダをクリックします。

「Site Guard WP Plugin」を削除したいドメインフォルダ

「public_html」>「wp-content」>「plugins」とフォルダをクリックしていくと「siteguard」というフォルダがあります。

「siteguard」プラグインの場所

これが「Site Guard WP Plugin」が入っている場所です。

チェックマークを入れて、「ファイルの操作」の「ファイル削除」をクリックします。

「siteguard」にチェックマーク
「siteguard」プログインフォルダ削除する

以上で「Site Guard WP Plugin」が削除できました。

「Site Guard WP Plugin」が削除できましたので、このプラグインが原因の場合は解決されるはずです。

もしかしたら「Site Guard WP Plugin」が原因ではない可能性もあるので、一度プラグインを停止してみるというのも一つの方法です。
削除ではなく停止させる場合は、「siteguard」のフォルダをリネームします。

例:siteguard_stop

フォルダ名を戻せば元に戻ります。

まとめ

今回の404エラー時のまとめ

  1. 一先ず新しいログインURLでアクセスできないか確認する。
  2. 「.htaccess」から記述を削除する。
  3. 最終手段は「Site Guard WP Plugin」ごと削除する。

「管理ページアクセス制限」はON・OFFで切り替えられますが、OFFにするとセキュリティ面で不安が残りますので注意してください。
また、修正や削除をするときは、予めバックアップを忘れずにして下さい。