【PayPay銀行】カード型トークンに切替後の利用登録方法・特徴

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)からキーホルダー型トークンの有効期限切れ(更新)の案内が届いたので、カード型トークンに切り替えをしました。

カード型トークンが自宅に届いたら、すぐ使えるわけではなく、利用登録をする必要があります。
カード型トークンの利用登録方法のやり方の説明です。

スポンサーリンク

PayPay銀行のカード型トークンの使い方

PayPay銀行のカード型トークンは、カードにある「ON/OFF」部分を押すだけで簡単にパスワード(数字)が表示されます。

カード型トークンの使い方【PayPay銀行】

利用登録の際は、このカード型トークンのワンタイムパスワードも必要になるので押してみましょう。

スポンサーリンク

切り替えたカード型トークンの利用登録方法【PayPay銀行】

ここではパソコンからの利用登録方法の説明になりますが、スマートフォンからでも登録方法は同じです。

まずは、PayPay銀行にアクセスします。

「ログイン」をクリックすると、カード情報を入力する画面に変わります。

カード情報・パスワードの入力

まずはPayPay銀行へのログイン作業です。

入力項目

  • 店番号
  • 口座番号
  • ログインパスワード

以上の入力が終わったら「ログイン」をクリックします。

切り替えたカード型トークンの利用登録方法【PayPay銀行】

ワンタイムパスワード切替登録の選択

続いて、「Welcome Page」に変わります。

「各種手続」から「ワンタイムパスワード切替登録」を選択し、クリックします。

ワンタイムパスワード切替登録の選択【PayPay銀行】

トークンを手元に用意する

「ワンタイムパスワードの利用登録」画面に変わります。
案内にあるように、トークン(今回の場合は、更新したカード型トークン)を手元に用意します。

トークンを手元に用意する【PayPay銀行】

「カード型トークンの登録へ」をクリックします。

「カード型トークンの登録へ」をクリック【PayPay銀行】

暗証番号の入力

「暗証番号」を入力し、「確認」をクリックします。

暗証番号の入力【PayPay銀行】

カード型トークンのシリアル番号・ワンタイムパスワードの入力

手元にある新しいカード型トークンの「シリアル番号」とカード型トークンの「ワンタイムパスワード」を入力し、「登録」をクリックします。

カード型トークンのシリアル番号・ワンタイムパスワードの入力【PayPay銀行】

スポンサーリンク

新しいカード型トークンの利用登録完了

「登録が完了しました。」と表示がされれば、キーホルダー型トークンからカード型トークンへの変更は終わりです。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)に登録してあるメールアドレスにも、「ワンタイムパスワードご利用登録完了のお知らせ」というメールが届きます。

これで、今後はカード型トークンでワンタイムパスワードを生成し、入力して使います。

新しいカード型トークンの利用登録完了

キーホルダー型トークンからカード型のトークンへの切替後の登録方法も簡単ですね。

スポンサーリンク

PayPay銀行のカード型トークンの特徴

PayPay銀行のカード型トークンの特徴

PayPay銀行のカード型トークンの特徴を簡単に説明。

カード型トークンについて

  • サイズ:銀行のキャッシュカードと同じ(5cm×8.5cm)
  • 厚さ:銀行のキャッシュカードよりほんの少しだけ厚め(0.08mm)
  • 有効期限:電池が切れまで
  • 電池切れの目安:ワンタイムパスワードを18,000回表示させるか、トークン製造から10年を経過するとトークンの交換をお願いするアラート表示「EEEEEE」がされる

アプリのトークンですと有効期限はなしです。
しかし、カード型トークンも一般的な使い方であればかなり有効期限は長いと思います。

因みに電池が切れるとトークンが使えない状態になるため、交換のアラートが出たら、PayPay銀行のホームページから再発行手続きをします。
再発行手続きの手数料は無料です。

スポンサーリンク

不要になったキーホルダー型トークンの捨て方

不要になったPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のキーホルダー型トークンの捨て方

キーホルダー型トークンからカード型に切り替えたため、手元に残ったキーホルダー型トークンはいらなくなります。

キーホルダー型トークンは一般的に不燃ごみ(事業者の場合は産業廃棄物)として廃棄可能なリチウム電池を使用。

という説明があるので、不燃ごみとして捨てれば良いです。
不安な場合は、自治体に聞いてみると良いと思います。
因みに、トークン内には個人情報等の情報は記載されていないとのこと。

スポンサーリンク

カード型トークンへの切替のまとめ

事前に行った下記を含めて。
PayPay銀行のキーホルダー型トークンからカード型トークンに切り替えた【更新・発行方法】

切り替えの流れ

  • PayPay銀行のサイトで切り替えの申し込みをする
  • 手元にカード型トークンが届く
  • PayPay銀行のサイトで利用登録をする
  • カード型トークンが使えるようになる

スマホのアプリを使った「トークンアプリ」なら有効期限もありませんし、切り替え手数料もかかりません。
「カード型トークン」の場合は、切り替え手数料がかかるものの有効期限はかなり長い。

携帯性で言えば、個人的には「トークンアプリ」も「カード型トークン」もそれほど差は感じません。
「カード型トークン」を携帯する時は財布に入れるので、スマホを持っていくのと変わりはなし。

そもそも外でPayPay銀行を使うことがほぼないので、自宅に置いておけるカード型の方が安心です。
スマホはやっぱり落として壊したり、なくしてしまう可能性もありますので。

キーホルダー型トークンからの切り替え自体はとても簡単です。
キーホルダーの有効期限が過ぎて使えなくなる前に更新してしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました