WordPressバックアップ!初心者でも簡単おすすめ方法

WordPressでエラーが出たっ!という時も定期的にバックアップを取っていれば安心です。WordPressのバックアップ方法は難しいのでは?と初心者の方は思うかもしれませんが、プラグインで簡単にバックアップする方法もあるので初めてでも問題ありません。
一番簡単でおすすめなのは、BackWPupというプラグインを使用する事ですが、手動でもバックアップを取っていればより一層安心です。
サイトをHTTPS化(常時SSL)に変更する時も役立ちました。
出来ればワードプレスのバックアップを取るタイミングは、アクセスの少ない深夜に行うのが良いです。

スポンサーリンク

バックアップを取るデータは2つ

ワードプレスのバックアップには以下の2つのデータを取ります。

  1. サーバー上のファイルデータ
  2. データベース上のデータ

「サーバー上のファイルデータ」は、テーマ、各プラグイン、画像ファイルなどが含まれます。
「データベース上のデータ」は、各記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定などが含まれます。

この2つのデータをバックアップする必要があります。

おすすめプラグインBackWPup

BackWPupは、サイトのファイルやデータベースをバックアップする事が出来ます。バックアップの取り方は、本当に簡単なのでおすすめです。
1クリックバックアップでのバックアップ、手動でのバックアップ、スケジュールを組んでの日々のバックアップと、このプラグイン一つで済んでしまいます。
同サーバー上のバックアップならこのBackWPup。もし、ワードプレスの引越しを考えている場合は「All-in-One WP Migration」を使うのがおすすめです。

BackWPupの1クリックバックアップ方法

まずはBackWPupをインストールして下さい。

BackWPupインストール

BackWPupをインストールするとダッシュボードに表示されます。

BackWPupダッシュボード

ダッシュボードの右下に表示される1クリックバックアップ「データベースのバックアップをダウンロード」の青いボタンをクリックします。

BackWPup1クリックバックアップ

クリックするとバックアップとなるSQLファイルがダウンロードされます。

BackWPupSQLファイル

これでWordPressのバックアップは完了!
1クリックでとても簡単ですね!

BackWPupの手動バックアップのやり方

上記で1クリックでのバックアップ方法を紹介しましたが、BackWPupでは手動でもバックアップを取る事ができ、また保存先も選択する事が可能です。

BackWPupから「新規ジョブを追加」を選択します。

BackWPup手動バックアップ新規ジョブを追加
BackWPup手動バックアップタブ

タブの「①一般」をクリックし、「このジョブの名前」に任意のバックアップ名を入力します。
例:サイト名backup等

「このジョブは・・・」は、全てチェックマークを入れます。

BackWPup手動バックアップ一般

  • データベースのバックアップ:各記事、カテゴリ、コメントなど
  • ファイルのバックアップ:テーマ、各プラグイン、画像ファイルなど
  • WordPressのXMLエクスポート:投稿記事などをXMLで出力
  • インストール済みプラグインリスト:インストールしているプラグイン
  • データベーステーブルをチェック:データベースをチェックする機能

データベースのみのバックアップの場合は、「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」「インストール済みプラグインリスト」の3つで大丈夫です。
「データベーステーブルをチェック」は、時間が掛かるので入れないことが多いです。

「アーカイブ名」はデフォルトのままで、「アーカイブ形式」は4つ用意されています。

BackWPup手動バックアップアーカイブ形式

  • Zip
  • Tar
  • Tar GZip
  • Tar BZip2

「アーカイブ形式」は、自分の好きな形式で問題ありませんが、Windowsユーザーの方は「Zip」、Macユーザーの方は「Tar GZip」にチェックマークを入れるの良いと思います。

「バックアップファイルの保存方法」は、8つ用意されています。

  • フォルダにバックアップ
  • メールでバックアップを送信
  • FTPにバックアップ
  • Dropboxにバックアップ
  • S3サービスにバックアップ
  • Microsoft Azureにバックアップ ((Blob)
  • Rackspaceのクラウドファイルにバックアップ
  • SugarSyncにバックアップ

BackWPup手動バックアップファイルの保存方法

個人的には「フォルダにバックアップ」「Dropboxにバックアップ」が使いやすいです。
同サーバー内に保存する「フォルダにバックアップ」で進めていきます。

「ログファイル」の「ログの送信先メールアドレス」と「メールのタイトル」はデフォルトのままで大丈夫です。
「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」のチェックマークは、必要であれば入れてください。

BackWPup手動バックアップログファイル

最後に「変更を保存」をクリックして、一般の設定は終了になります。

続いて「②スケジュール」のタブをクリックし、「手動」にチェックマークを入れたら「変更を保存」をクリックします。

BackWPup手動バックアップスケジュール

自動でバックアップを取る場合は、「WordPressのcron」にチェックマークを入れ、ジョブスケジュールを設定します。

cronとは、設定したスケジュールに基づき、指定したコマンドやシェルスクリプトなどを自動実行してくれるプログラムです。

続いて「DBバックアップ」のタブをクリックし、全てにチェックマークが入っている事を確認して下さい。
チェックマークが入っていなければ、全てチェックマークを入れて「変更を保存」をクリックします。

BackWPup手動バックアップDBバックアップ

「ファイル」のタブはデフォルトのままでOK。

「XMLエクスポート」のタブは「すべてのコンテンツ」にチェックマークが入っている事を確認して下さい。

BackWPup手動バックアップXMLエクスポート

「プラグイン」「DBチェック」のタブはデフォルトのままでOK。

「宛先:フォルダ」タブの「バックアップを格納するフォルダ」もデフォルトのままで大丈夫です。
「ファイルを削除」は、バックアップフォルダ内に保存するバックアップファイルの数を設定します。

BackWPup手動バックアップ宛先フォルダ

「変更を保存」をクリックして、BackWPupの設定は終了です。

「今すぐ実行」をクリックするとバックアップが開始されます。

BackWPup手動バックアップ今すぐ実行

「警告:0」「エラー:0」で、「ジョブは○○で完了しました」と表示されたらバックアップは完了です!

BackWPup手動バックアップ完了

「ログを表示」をクリックすると、その名の通り実行ログが表示されます。

BackWPup手動バックアップログを表示
BackWPup手動バックアップ実行ログ

「ジョブ」に作成したものがありますので、「ダウンロード」をクリックすると、自分のパソコンにダウンロードする事が出来ます。

BackWPup手動バックアップダウンロード

BackWPupのバックアップデータがダウンロード出来ない場合

もし、BackWPupで作成したバックアップデータがダウンロード出来ない場合は、サーバーから直接ダウンロードする事も出来ます。
サーバートラブルが発生したらバックアップデータが消えるかもしれませんので、念のため直接ダウンロードもしておきましょう。

「ジョブ」で保存されたフォルダが確認出来ますので、あとはFFTPなどでダウンロードします。

デフォルトのままですと保存先フォルダは・・・

BackWPup保存先フォルダ

/○▲□.com/public_html/wp-content/uploads/・・・内

に保存されています。

念には念をの手動バックアップ方法

既にネット上にアップしている投稿ページ・固定ページの記事などをダウンロードします。
ツール>エクスポートからXMLファイルで簡単にバックアップを取ることが出来ます。

「カスタムフィールドテンプレート」などエクスポートできるものは何でも保存しておきましょう。

もしものために、パーマリンクの設定もスクショなどしておくと役立つかもしれません。
また、「Custom Post Type UI」というプラグインでカスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを利用している場合も、その設定は残しておいた方が良いです。

FFFTPで手動バックアップ

FFFTPは無料で使えるファイル転送ソフトです。他の転送ソフトでも構いません。
FFFTPは本当に手軽に使えるフリーソフトで愛用者は多いですね!
このFFFTPを使ってバックアップを取っておくファイルで最重要なのは「wp-content」フォルダ内の・・・

  • Plugins
  • themes
  • uploads

になります。
この3つはダウンロードしておきましょう。
勿論、全てのファイルをダウンロードしても構いません。
それぐらいしてもバックアップはとにかく重要です。

スポンサーリンク

フォローする