本当?YouTuberはじめしゃちょー代引き牛糞の送り主の住所特定?

YouTuber「はじめしゃちょー」さんにAmazonから代引きで牛糞400kgを送りつけた人がいて、送り主の住所を特定している~という記事をみて本当に特定出来たのかな?
と自分の実体験と照らし合わせて疑問に思ったので。

動画のタイトルは「休止中にあったヤバい事ランキング」(ttps://www.youtube.com/watch?v=QRAvWEAOMfU)というもので、三股疑惑やゴルフクラブを折る動画で炎上して、その後YouTuberとしての活動を休止。
という流れのようでしたね。
私自身はYouTuberと言えば、HIKAKIN(ヒカキン)さん、はじめしゃちょーさん、ヒカル(Hikaru)さんぐらいしか分からず、まぁネットのニュースで話題になった方しか分からないのですが。
あとはすげー儲けてるぐらいの認識です・・・

人気YouTuber「はじめしゃちょー」が5月14日に投稿した、自宅に400kgの牛フンを送りつけられるイタズラにあったという動画が、470万回以上再生されるなど話題になっている。
はじめしゃちょーは、3月末から約1カ月半、活動を休止。今回の動画は、休止中に起きた「ヤバいこと」をランキング形式で伝える5分弱のもので、1位になったのが「約400kgの牛フン堆肥が送られてきたこと」だった。
動画によると、堆肥はAmazonから代引きで届き、はじめしゃちょーが「4万円ぐらい」を払ったそうだ。はじめしゃちょーはAmazonに電話。送り主の住所を特定したうえで、代引き商品が今後届かないように設定したという。
https://www.bengo4.com/internet/n_6105/

実際、はじめしゃちょーさんに送られてきたものは「アイリスオーヤマ 肥料 牛ふん堆肥(たいひ)」というもののようです。

スポンサーリンク

送り先不明の荷物が届いた話

ここからは数ヶ月前にあった自分のお話です。

夜、家に帰ってみるとヤマト運輸の不在届けが入っていました。
「今回お届けのお荷物は アマゾン様 から」と記載がありました。

そして「ご連絡欄」に金額の記載があったので、代引き荷物が届いたんだぁと思っていました。

ですが、直近でAmazonから購入した記憶は一切なし!
しかも、私は代引きで購入はしないので疑問に思いつつ、一先ずAmazonの購入履歴を確認。

何か買った記憶は一切無かったので、当然購入履歴は無し。
誰か私宛に送ったのかな~とも考えたのですが、それなら何かしら事前連絡があるだろうし第一代引きでは送らないだろうと思い、不安になりました。

で、googleで検索をしてみると代引き詐欺とかがあるという記事をみて、尚更不安になりAmazonのカスタマーサービスに問い合わせの電話をしました。

Amazonは送り主を教えてくれなかった

私とAmazonの大体のやり取りは以下になります。

私「ヤマトの不在届けが入っていまして、アマゾンさんから代引き商品が届いているようなのですが、購入した記憶も履歴もありません。
誰から送られてきているか、またどんな商品なのか分かりますか?」

アマゾン「お調べしますので、お名前と伝票番号教えていただけますか?」

私「○○(自分の名前)と申しまして、伝票番号は△△□□になります。」

ア「畏まりました。少々お待ち下さい。」

~少し待つ~

ア「お調べした所、○○様宛ての商品ではないようです。」

私「そうなのですね。では、誰が何を送ろうとしたのかは分かりますか?」

ア「それはお伝えする事が出来ないので、申し訳ありません。」

私「では、今回はどのようなケースで私に荷物が送られてきたのでしょうか?」

ア「恐らく宅配業者の配送ミスかと思われます。」

私「なるほど。では、私からヤマトさんに何か連絡するなど必要でしょうか?」

ア「いえ、特に何かする必要はございません。」

私「分かりました。ありがとうございました~。」

~電話を切る~

というようなやり取りをしました。
Amazonの担当者さんは、丁寧に対応してくれたので個人的には良かったです。
このやり取りでも分かるように。

  1. 送り主の情報は教えてくれない
  2. 何を送ってきたのかも教えてくれない

今回のニュースの記事には「送り主の住所を特定したうえで」とあり、動画内でも「送り主も完全に分かっております」やテロップで「逆探知(??)させていただきました」とあります。

はじめしゃちょー牛フン逆探知

疑問に感じた事

  1. 牛フンの送り主は元々どう記載されていたのか。
  2. Amazonははじめしゃちょーさんに送り主の情報を提供したのか。
  3. 本当に嫌がらせ目的で送られてきたのか。

①については私の興味です。
動画内では元々記載されていた宛先には触れていなかったので、誰から送られてきてたのかなと。
あとはどうやって住所を特定したのか。

②について。
私がAmazonに連絡した場合は、一切送り主の情報は教えてくれませんでした。
ですが、記事の「送り主の住所を特定したうえで」という書き方、動画内ではじめしゃちょーさんも「牛フンを送ってきた、送り主も完全に分かっております」という発言、またはテロップに「逆探知させていただきました」という事から、Amazonははじめしゃちょーさんに送り主の情報を提供したと伺えます。

法律の事などは私には分かりませんが、仮に警察に被害届を出していたり、顧問弁護士が付いていたりしたら、そういった個人情報も知ることが出来るのでしょうか?
はじめしゃちょーさんは、YouTuber専門の事務所「uuum(ウーム)」という所に所属しているので、会社の顧問弁護士が何かしてくれたのかな?
ですが、動画内で「僕からと言うよりAmazonさん配達業者さんから訴えられるかもしれないのでやめましょ…」
とテロップが出ているので、恐らく警察には話していないように思えます。
とすると、本当に送り主を特定しているのか疑問になります。
まぁ、「僕は訴えたりしないけど~」という風に捉え様と思えば、それも出来ますが。

③について。
「動画に撮りたいと思い、返品処理はしなかった」と言っているので、意図して代引き料金を支払った。
また、今後は代引き拒否もした。

代引き料金を支払った以上は、売買は成立しているので返品・返金は出来ないかもしれません。
ですが、今回は犯罪になり得るケースです。
記事に出てくる弁護士も下記の回答があります。

売買が成立するためには、「売ります」「買います」という意思表示の合致が必要です。本人が注文という購入の意思表示をしていない以上、売買契約は成立しませんから、返品できますし、支払った代金の返還も請求することができます。
https://www.bengo4.com/internet/n_6105/

また、Amazonの返品・交換についての記載には、

トラブルや不具合による返品・交換
・商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202063080

という一文もあるので、Amazonに連絡し、それが売買として成立してないと認められるなら返品・返金も可能かと思います。

「動画に撮りたいと思い、返品処理はしなかった」というのはいいのですが。
では、どういった用件でAmazonに電話を掛け、そしてどうやって今後は代引きを拒否出来るようにしたのか。
調べてみると、配達業者さんから受け取らないしか拒否の方法がないようなので。
住んでいる所にコンシェルジュとかがいて、代引きは拒否するように伝えているのかな?
ここらへんには全く触れられていないので、本当に嫌がらせ目的で送られてきたのか疑問に感じてしまいます。

思ったこと等まとめ

動画内や記事でも「被害者」という主張は伝わります。
それも大事かもしれませんが、それよりこういった身に覚えが無い商品が届いた場合に、どう対応したのかをより詳細に伝えて欲しかったと思います。

Amazonに連絡した際、「どのように伝えたのか」「どのような返答をもらったのか」「何か対応策や提案などはなかったのか」等。
もし、弁護士など第三者に相談したのなら、そのことについても聞きたかったと思いました。

せっかく、小学生・中学生・高校生~大人までと幅広い視聴者がいるのなら、今後同様なケースにあった場合どのような対処をすれば良いか等、アドバイスしてくれればいいのにな、と思ってしまいました。
もしかしたら、Amazonもそういったイタズラを抑止するために電話対応の音声も使わせてもらえたかもしれないし。
また、そういったコンテンツの方が評価も上がりそうと感じるのですが、YouTuberの世界では好ましくなのかな・・・

そして、今回送られてきた牛ふん堆肥(たいひ)は、今後使われるのでしょうか。
動画の最後に「牛糞で畑でもしよかな」と表示されていますが、本当にして欲しいなと思います。

はじめしゃちょー牛糞畑作り

野菜作りの大変さや野菜が出来た時の達成感を伝えるのは、コンテンツとしてはとても良いのではと素人ながらに思ってしまいます。
一人で行なうのは大変なので、HIKAKINさんなど事務所所属のYouTuber達が一つの畑を作っていく動画は私個人は見ていても楽しいのではと思います。
ダッシュ村のような感じで。

まさか、動画公開後に返・・・て事はないかな。
長く読み辛い文章になりました。
以上。

スポンサーリンク

フォローする