今更聞けないPayPay(ペイペイ)の基本!

PayPay(ペイペイ)という言葉知っていても、本当に大丈夫なのか不安な方もいると思います。
しかしキャッシュレス化は日常の生活で便利ですし、PayPayならキャッシュバックキャンペーンも開催されるのでお得です。
これから始めてみようかなと考えている方向けの最低限PayPayについて知っておいたほう良いことを説明しています。

ぱっと見るとPayPayに見えてしまう「PayPal(ペイパル)」は全く違うサービスです。
勿論、運営会社も違います。
「PayPal(ペイパル)」の方が先にあるサービス(決済/送金サービス)なので、PayPal側にしたらPayPayの名前は少し迷惑になってしまっているかもしれませんね。
参考PayPal(ペイパル)で安全に買い物!新規登録方法

スポンサーリンク

今更聞けないPayPayとはどんなサービス?

今更聞けないPayPayとはどんなサービス?

PayPay(ペイペイ)とは、QR・バーコード決済サービスの事です。
PayPayは、ソフトバンクとヤフーが共同で事業を始めた合弁会社「PayPay株式会社」が運営しています。

PayPayは、スマホ端末におサイフケータイ機能が対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、誰でも簡単に利用することができるのが利点です

今ではLINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、メルペイ、d払い、au PAYなどいくつも同様なスマホ決済がありますが、やはり一番多くの人に広めるキッカケを作ったのはPayPayです。
100億円キャンペーンは効果絶大でしたね。

PayPayの発表によると現在の利用者は、3500万人を越えたそうです。
PayPayは、事業者にキャッシュレス決済の利便性を提供し、利用者の生活をより便利にするスーパーアプリ化を目指しています。
そのため、今後も様々な新しい取り組みをしていくでしょう。

PayPayはどこの会社が運営しているのか、使って大丈夫なのかなと不安の方は、一先ずソフトバンクとヤフーが関係していると思えば安心ではないでしょうか。
電話サポートも24時間365日受け付けているので、もしもの時もすぐ相談できます。

スポンサーリンク

手数料は無料!

PayPayは、手数料一切無料でアカウント作成や決済が利用できます。
そのため、余計な料金がかかるということはありません。

PayPayの利用にあたっての基本!

PayPayの基本

PayPay(ペイペイ)を利用するにあたって知っておきたい基本的な情報です。

一先ず、PayPayは基本アプリをスマホにインストールして利用します。

アプリのインストールはこちら

PayPay残高とは何?

「PayPay残高」とは、お買い物、お支払いに使える電子マネーのことです。
「PayPay残高」は、1円から使うことができます。

残高確認は、PayPayアプリの「残高」をタップすると確認ができます。

PayPay残高とは何?

PayPay残高には種類があり有効期限も!

「PayPay残高」には、「PayPayボーナスライト」「PayPayボーナス」「PayPayマネーライト」「PayPayマネー」4種類があります。
それぞれ少し特徴が違います。

支払い時の優先順付与の条件有効期限送金・割り勘出金
PayPayボーナスライトサービスやキャンペーン等による利用特典として付与付与日から60日利用不可不可
PayPayボーナス還元やキャンペーン等による利用で付与なし利用不可不可
PayPayマネーライトYahoo! JAPANカード等からチャージした残高なし利用可能不可
PayPayマネー本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATMからチャージした残高なし利用可能可能

上記のように、「PayPayボーナスライト」には有効期限がありますので忘れないようにしましょう。
また「PayPayマネー」は、本人確認ができていない際は「PayPayマネーライト」扱いとなります。

PayPayにポイントはある?

PayPayには、楽天ポイントのようなポイントは用意されていません。
それと同等にあたるのが、「PayPayボーナスライト」「PayPayボーナス」になります。

上記で少し触れているように「PayPayボーナスライト」「PayPayボーナス」は、還元、キャンペーン、サービスの利用で付与されます。
「PayPayボーナスライト」には、60日の有効期限があるので注意が必要です。

「PayPayボーナスライト」と「PayPayボーナス」の使い方としては、送金・割り勘機能が使えないためお店やネットショップなどで使うしかありません。
但し、「PayPayボーナス」に限り「ボーナス運用」する事ができます。

「ボーナス運用」とは、PayPayボーナスを使った疑似投資のサービスです。
いつでもPayPayボーナス残高にチャージ可能。

今後付与される予定のPayPayボーナスは、「残高」ページの「付与予定」「付与予定のボーナス」から確認する事ができます。

PayPayにポイントはある?ボーナスとは

PayPayへのチャージ方法と上限は?

PayPayのチャージ方法は、以下になります。

チャージ方法チャージ上限金額
銀行口座50万円(過去24時間)/200万円(過去30日間)
現金(セブン銀行ATM)
ヤフオク!・PayPayフリマの売上金
ヤフーカード(本人認証設定済)2万円(過去24時間)/5万円(過去30日間)
ヤフーカード(本人認証未設定)5,000円(過去24時間)/5,000円(過去30日間)
ソフトバンク・ワイモバイルでまとめて支払い最大10万円

クレジットカードでチャージした場合は、Yahoo!が発行するヤフーカードのみとなります。
ヤフーカードを持っていない方にはデメリットですね。
楽天ペイのチャージが楽天カードのみしか使えないように、これは仕方がない所。

しかし銀行口座からのチャージの場合、使える金融金は多くあります。

使える金融機関一例
ジャパンネット銀行(PayPay銀行)、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、住信SBI銀行、りそな銀行、セブン銀行、イオン銀行、スルガ銀行、ソニー銀行、auじぶん銀行など
利用可能な金融機関
三菱UFJ銀行は新規口座登録はできない。

今のところ、三菱UFJ銀行の口座を連携できる見通しはたっていないようです。
但し2019年9月までに「Yahoo!マネー」と三菱UFJ銀行の口座を連携していた方のみ、そのまま使うことができます。
もし三菱UFJ銀行の銀行口座しか持っていない場合は、デメリットです。
この場合は、新しく銀行口座を開設する、ヤフーカードを作る、現金でチャージするという方法が挙げられます。

アプリのインストールはこちら

PayPayは支払い方法は?上限はある?

PayPayの支払い方法別の上限は以下のようになっています。

支払い方法支払い上限金額
PayPay残高50万円(過去24時間)/200万円(過去30日間)
ヤフーカード(本人認証済み )5万円(過去24時間)/5000円(過去30日間)
ヤフーカード(本人認証未設定 )5000円(過去24時間)/5000円(過去30日間)

チャージ・お支払い金額の上限を引き上げる方法はある?

チャージ・お支払い金額の上限を引き上げる方法はある?

PayPayでは、表示名の隣に「青いバッジ」が付くと、ヤフーカードによるチャージ金額の上限、支払い金額の上限が引き上げられます。

PayPay青いバッジ

引き上げられた後の上限は、チャージ金額及びお支払い金額共に25万円(過去24時間/過去30日間)となりますので、使う頻度が高い場合や高額のものを買う場合には恩恵を受けられます。

しかし「青いバッジ」を付ける方法は、セキュリティの都合上PayPayでは公表させていません。

ただPayPayは、ソフトバンク・Yahoo!のグループであるため、「ソフトバンク及びYahoo!の外部サービスとの連携」、「本人認証による紐づけされた情報」が重要ではないかと言われています。

青バッジ獲得条件の可能性

  • Yahoo! JAPAN IDとの連携
  • ソフトバンクモバイルの連携との連携
  • 銀行口座の登録(PayPay銀行(ジャパンネット銀行口座))との連携)
  • モバイルTカードとの連携
  • ヤフーカードの本人認証設定済み
  • オートチャージ設定

いづれも、そういう噂がある程度なので確証はありません。
しかし、信用がなければ上限の引き上げはまずされないと思いますので、何かしらの紐づけは必須のような気がします。

外部サービスとの連携やお支払い方法の管理は、「アカウント」から確認・変更ができます。

PayPay青バッジ獲得条件の可能性

スポンサーリンク

PayPay決済時の還元率は?

PayPay決済時の還元率は?「PayPay STEP(ペイペイステップ)」

PayPayでは、決済金額や決済の回数に応じて「PayPayボーナス」が付与さる「PayPay STEP(ペイペイステップ)」という利用特典があります。
「PayPay STEP(ペイペイステップ)」の還元率は、基本0.5%~1.5%となります。

還元率を上げる方法は、「100円以上の決済を50回以上」「利用金額10万円以上」となかなか難しい。
PayPayのスタート時と比較すると改悪されていますが、仕方がないですね。
しかし、0ではないので利用することによってお得ではあります。

またよくYahoo! JAPANの対象サービスを使う場合は、最大2%なので少しお得です。

他注意点

  • 付与上限:7,500円相当/回、15,000円相当/期間
  • 対象になる支払い方法:PayPay残高、ヤフーカード(クレジットカード)

PayPayはお店はどこで使える?

普段の生活において、PayPayで支払いができるお店をよく見かけると思いますが、現在PayPay加盟店は260万箇所以上です。
PayPay株式会社は、2018年設立なので数年でこれだけのお店で使えるようになるのは本当にすごいですね。
全ての店舗や事業者を紹介するのは不可能なんで、有名所をいくつか紹介します。

コンビニ

  • ファミリーマート
  • ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100含む)
  • セブンイレブン
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • ミニストップ

スーパー関連

  • 東急ストア
  • 東武ストア
  • 西友
  • ビッグ・エー
  • ライフ
  • コモディイイダ

飲食店・レストラン

  • 吉野家
  • 松屋
  • すき家
  • スターバックス コーヒー
  • 牛角
  • モスバーガー
  • ミスタードーナツ
  • 築地銀だこ
  • はま寿司
  • びっくりドンキー
  • ケンタッキー
  • スシロー
  • ドミノピザ
  • ピザハット
  • ピザーラ
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン

マクドナルド(マック)の店舗ではPayPay(ペイペイ)は使えません。
しかし、モバイルオーダー(アプリ版)でPayPayが使えます。PayPayで支払えば、支払い金額分の還元がされます。

お買い物

  • DAISO(ダイソー)
  • ユニクロ
  • PARCO(パルコ)
  • イトーヨーカドー
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ノジマ
  • エディオン
  • ドスパラ

ドン・キホーテ、ニトリ、ヨドバシカメラ、ルミネ、ワークマン、無印良品では、残念ですがまだ使えません。

ドラッグストア

  • マツモトキヨシ
  • サンドラッグ
  • スギ薬局
  • ウエルシア
  • ココカラファイン

本屋・書籍

  • TSUTAYA
  • 文禄堂
  • ジュンク堂
  • ブックファースト
  • 古本市場
  • ブックオフ

ほかにも、タクシー、ガソリンスタンド、ホームセンターやUber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、ZOZOTOWNと使えるショップ・サービスがあります。
しかし、エリアや店舗によっては対応していない場合もありますので、一度確認はしてみてください。
参考PayPayが使えるお店

PayPayをさっそく利用へ!

PayPay(ペイペイ)は、手数料なども一切かからず利用でき、しかも使った金額の一部を還元してくれるキャンペーンも頻繁に行っています。
ただただ現金を使うよりもお得なので、節約にも繋がります。

PayPayの利用方法など以下も参考にしてください。

アプリのインストールはこちら

タイトルとURLをコピーしました