NHKがしつこいから警察呼んだ結果総務省まで電話する

NHK解約済みなのにNHKと名乗る人間が夜訪問してきて、受信料の支払いや契約を迫ってきました。
あまりにもしつこく、またほぼ家にも入ってきた状況だったので警察を呼んだ結果のお話。

NHKは国に守られてるからどんな強引な訪問契約しても許されるのだと思いました。
多少、法に触れようがおかまいなしなんだな。
国営にしろよ!!
スクランブルかけるようにしろよ!!
と先に愚痴りました。
それにしても、初めて総務省の窓口に電話しましたよ!

最初に。
会話全てを覚えているわけではないので簡略したり、誇張してたり、私の心の声であったりしますので、ご了承下さい。

今回の件で、今後の対策・注意をまとめていますので、「NHKのしつこい営業を追い返す対策」も参考下さい。
この記事はほぼ愚痴ですw

スポンサーリンク

どこかでNHK受信の契約してしまったのでは?

私は数年前にテレビが壊れてしまいました。
それまでもテレビは全く見ていなかったのでNHKの受信料が無駄と思い、NHKの解約手続きをしました。
そのため契約は既にしていません。

NHK受信料の解約方法

しつこいNHK受信料解約方法

因みにしつこいNHK受信料の解約した時の手順を簡単に説明すると。

まずNHKの受信料のお問い合わせ先(NHKふれあいセンター)「0120-151515」に電話をします。

そこで、解約の旨を伝えると契約するための用紙が自宅に送られてきます。
電話で解約を伝えた際は、解約理由を聞かれるので伝えます。

携帯・スマホの所持も聞かれます。
ワンセグ機能の付いたスマホですとそれを理由に受信料を支払わないといけないらしい。

数日したらNHKから解約用紙が送られてくるので、そちらを記入し返送すれば解約が完了です。

私の場合、自宅にNHK職員がきて、テレビ等の確認は一切ありませんでした。
NHK解約用紙を送って終わりだったので、解約方法と言っても簡単に終了です。

少し過去話になりますが、恐らく今も解約方法は同じと思います。
ネットで検索してみると、テレビの処分をしたかと聞かれる事があるらしいので、その際は捨てたと言えばいいと思います。
私は、NHKに電話した時点で処分していましたが、処分したかは聞かれませんでした。

解約用紙はコピーなど残したほうが良い!

今回警察を呼んだ後、NHKに解約した旨の証明書を下さいと伝えた所・・・

No!!!

と断られました。
何故くれないのか何度も聞きましたが、送れないの一点張り。
この後も読んで貰えれば分かりますが、NHKは書面など何を言っても断られます。
そのため、これからNHK受信料の解約手続きをする方は用紙のコピーなどはとっておくと良いと思います。

因みにNHK受信料の契約者が死去した場合、親族が居れば受信料を支払うように請求されますので速やかに解約手続きをする必要があります。死亡届があれば滞納金があっても融通が利くはず。
生前から滞納している場合は支払わないといけなくなると思います。

NHKが訪問した時点での状況

警察呼んだ話に戻りまして、ここでNHKと名乗る人間が夜に訪問してきた時点での私(自宅)の状況は、

  1. 何年も前にNHKは解約済み
  2. ワンセグ機能対応端末なし
  3. チューナー内蔵パソコンも勿論無し
  4. 受信設備は一切無し

という感じです。

NHKと名乗る人間が訪問してきた!

以前にも家のテレビ・ワンセグなどの情報を聞き出そうとしてきた人間がいて、その際は上記1、2、3を伝えたらすぐ帰っていきました。
※NHK(委託業者)かは不明

そのため、今回も同様に伝えてお帰り頂けるだろうと思っていました・・・

その甘い考えが失敗!!!!!

インターホンが鳴ったので、ドアを開けた瞬間!!

ガッッ!!!

と、ドアの内側に体を入れて、ドアを閉める事が出来ないようにしてきました!!
仮にドアが閉まらないように、そっと手を掛けるならまだしも、体の3分の2をドアの内側に入れてきました!

この瞬間、「あれっ不法侵入とかにならないのかな?」

と頭をよぎったのですが、解約した旨など伝えれば帰るだろうと、そのままに話を聞くことに。

が、しかし・・・

早口で何言ってるか聞き取れない・・・

NHKに業務委託された会社のスタッフなのだろうが早口でよく聞き取れない。
見た目は、普通の男性なのですが、名前が分からない。

このあとNHKに問い合わせて委託会社名とその人間の名前が分かったのですが、どれだけ記憶を辿ってもやはり会社名も名前も名乗っていなかったです。
しっかりその場で聞かなかったのは私の完全なミスです。

NHK委託業者の主張

そのNHKの業務委託スタッフらしき人間の主張は以下。
※この時点では、本当にNHK職員もしくはNHKの業務委託会社の従業員か分からない状況です。

  1. 受信料を払え!
  2. 契約書を書け!
  3. NHKだ!!!

というものです。

NHK委託業者へ私の主張

  1. 既にNHKとは契約をしていない。解約済み。
  2. (早口もあって)何を言っているのかよく分からない。
  3. (1、2より)一度その内容を確認したいので、書面で送って欲しい。
  4. もしくはその書かせようとしている書類を頂きたい。

以上を伝えました。
上記を言った所、そのNHK委託会社から来たらしき人間は、

「払ってないから来た!!」

の一点張り。
既に解約している旨などを何回も繰り返し説明しても、

「払ってないから!!」

と、全くお話にならず。

そして、上記3、4に関しては、

「それは出来ない!ここで書いて!!」

の一点張り。
これまた全くお話になりません。
威圧的に、「払え」「書け」しか言ってこない。

私も分からないものに関してお支払いをする気はありませんし、説明もよくされていないのに契約書らしきものに記入する気も全くありません。

で、その事を伝えると今度は・・・

携帯の所持についての質問に変更

「携帯持っているでしょ?」

と、話が進まないからか携帯のお話にチェンジ。

勿論持っていますので、「持っています」と返答。

「何ですか?機種は?」

と聞いてきたので、「アイフォンです」と答えると・・・

「持ってきてください!!」
「今すぐ持ってきてください!!」

と威圧的に言ってくる始末。

私は「何でですか?」と言っても、

「アイフォンなんでしょ?すぐ持ってきて下さい!」

と身振り付きでガンガン言ってくる。

NHKを装った詐欺とかでは?

で、ここまでくると私もおかしいと思っています。
このNHKを名乗る男は、名前も言っていませんし、名刺を出したりも何もしていない。
あまりにもしつこいし、もしかしたらNHK職員を装った詐欺などでは!と考えたので、とりあえず別室に置いてあるアイフォンのもとに。

因みに「じゃアイフォン持ってきます」とかも告げずに黙って移動します。

もちろん、ずっとドアには3分の2体を入れらている・・・というかもう家に侵入しているような状態。

そして・・・

怪しい且つしつこいから警察呼んだ

Advertisement

アイフォン持って来いとしつこいので別室に置いてあるアイフォンを手に取り、110番!!

本当は最寄の警察署の電話番号に掛けるのがいいのかもしれませんが、分からないので110番しました!

玄関とはドア1枚を挟んでいるのですが、そのドアの近くまで携帯片手に移動し、電話に出てくれた警察官に現状を伝えました。
その流れとしては、

  1. 電話に出た警察官に現状を伝える
  2. 私の住所・名前を聞かれる
  3. 警察官から確認のため、現状の確認を復唱される。

で、3のあたりで玄関に声が届けばいいなと思ったので、話し声を大きくしたところ・・・

バタンっっっ!!!!

NHKの訪問スタッフらしき人間は、何も言わずに逃げて行きました・・・・
「何も言わずに」というのが大事!

警察官が家に到着

NHK業務委託会社がしつこいから警察呼んだ

110番した後、5分ぐらいして2人の警官が来てくれました。

再度、状況などをお伝えし終了しました。
残念なことに会社名や名前を聞いていないので状況だけ伝え、もし判明したら伝えると言いました。
念のため、今後同様なケースが有った場合どのように対処すれば良いか聞きました。

警察官からのNHK対策のアドバイス

  1. インターフォン上で話をする
  2. ドアを開けるにしてもチェーンはしたままにする

以上ですwww
とにかくドアを開けなければ自分の身が危険に晒されることがないので、それをまず行なうようにと。
警察官の方は、現場を見ていないのでこれぐらいしか言えないでしょうね。それは仕方がないと思いますので警察官の対応には不満はありません。

NHKのドアを閉められないようにする行為に関して

ドアを閉められないように体を入れたり、足を入れたりする行為については犯罪などの明言はされませんでした。
しかし、行為としては決して良くないと言っていました。

ネットなどでみると「お帰り下さい」「お引取り下さい」など言っても帰らない場合は「不退去罪」。
家に勝手に入ってきたら「不法侵入」に当たるようです。

ドアを閉められない行為の対処方法

ドアを閉められない行為をされたらどのように対処すればいいか聞きました。
例えチェーンをしていても足を入れられる可能性もあるので、それを警察官に伺った所、

警察に電話して下さい。

との事でした。
とても分かりやすく、簡単な対処方法で良かった!!
でも、何でもかんでもすぐに電話をしたらダメですよ。
一度は「足を退かしてください」など伝えた方がいいです。

今回のNHKを名乗る訪問スタッフは逃げましたが、もしその場に居続けた場合は第三者が間に入った方が話しやすいからとの事でした。
私も警察官が間にいてくれての話し合いなら全く構わないのですが、逃げましたからね・・・

反省点・失敗点

  1. 名刺を貰うなど訪問してきた人間が誰かを明確にしなかった
  2. 録音、録画をしなかった

本当に失敗でした。
まさか、警察を呼ぶまでになるとは思ってもみませんでしたので。
反省。。。

不安がよぎったのでNHKに電話する

NHKのやり方に腹が立ちながら翌日になり、ふと2つ不安がよぎる。

  1. 本当にNHK(委託業者)の人間だったのか。
  2. もしNHK(委託業者)の人間だったらまた警察を呼ぶ事になるのでは。

1は、名乗られませんでしたので、もしかしたらNHK職員を装った詐欺の可能性もありました。
そのため、一番初めにこの点は確認する必要がありました。

2は、本物のNHK職員または委託業者の訪問社員などだったら、また同じようなことをされる可能性があると思いました。
それは絶対に阻止しなければいけない!

そのため、NHKの受信料関係のお問い合わせ先(NHKふれあいセンター)の「受信料に関するお問い合わせ(0570-077-077)」に電話をかけ、本当にNHKに関係している人間が来たのか確認出来るか聞いてみました。

NHK委託会社名と訪問社員名は記録してある

まず確認しなければならないのはNHKの職員なのか、または委託会社・業者のスタッフかという点だったのでNHK(0570-077-077)に電話をしました。

NHKの電話オペレーターの方曰く、「家に訪問した時間」、「誰が訪問したか」は記録として残ってるとのことでした。
その際、こちらの住所・名前・電話番号を伝えました。

自宅に来た人間がNHK職員なら記録として残していてもおかしくはありません。
しかし委託会社・業者の場合は分からないのではと思ったのですが、そちらも記録しているようで意外でした。
その際電話での伝え方としては、

「昨日、○時頃にNHK職員らしき人が受信料に関して自宅にきたのですが来られましたか?」

というように、少し嘘を付いて聞きました。
良くはありませんが、それ以上に先に警察を呼んだことを伝えたら、分からないと言われ隠蔽してくるのではと思ったからです。
NHKの事は信用していませんので。

で、結局NHKの業務委託会社の訪問社員でした。
そして、その会社名も家に侵入してきた訪問者の名前も分かりました。

警察を呼んだ事と二度と来てほしくない事を伝える

電話の掛けた際は、女性の電話オペレーターの方が出ました。
そして、NHK受信料の解約している旨や委託会社の訪問社員の言動、警察を呼んだ事も伝えました。
その上で、精神的なストレス・恐怖を被ったので二度と自宅には来てほしくないと伝えました。
家族にこんな思いはさせたくないので。
が、返答は・・・

No!!!

つまり、訪問拒否は出来ない!!

つまり!!

NHKと契約を結び受信料払うまでは、絶対!何度でも!永遠に!訪問する!

との事でした。
因みにこんな風には言われていませんが、何を言っても訪問拒否は出来ないとの事なのでこういう事なんでしょうと個人判断です。
NHKはとにかくお金が欲しい。とにかく私腹を肥やすために威圧的だろうが脅迫的だろうが家に不法侵入しようがお金を徴収したい。という経営理念と感じました。

NHKの訪問拒否が出来ない理由

今はテレビなど持っていなくても買う可能性があるため。

これが、NHKの主張です。
これは、NHKとのお話の中でも何回も出てきます。
この理由で受信料を強制徴収してきます。

例えNHKと契約をしていないとしても・・・

解約手続きの証明書はくれないのか?

訪問拒否が出来ないので全く納得はしていませんでしたが、埒があかないので、
「今後こういった強引且つ威圧的で脅迫的な訪問があった場合に解約手続きをした証明書を提示したいので頂けませんか?」
とお伝えしました。
が、返答は・・・

No!!!

つまり、証明書はくれない!!

解約した事実は記録として残っているのに、そういう証明書の類は発行出来ないとの事でした。

NHKは出来ないしか言わない!!これ重要!!

いつか、解約手続きをした事実はありません!とか言ってくるのだろうか、不安。

NHK提案の強引な訪問スタッフの対処方法

強要・脅迫紛いな訪問にあった場合はどうすれば良いか?

とNHK電話オペレーターの方に質問した所、

  1. 必ず、どこの誰が訪問しているのか確認する
  2. 言動がおかしいと思ったら0570-077-077に電話をする

と回答が返ってきました。

1に関しては必ず行なうとの事らしいので、名乗らない人間はかなり危険だと思います。

また名刺の携帯は必ずではないようなので、まずは会社名と自分の名前を名乗るかが重要です。
訪問スタッフは、ほとんど業務委託会社の人間らしくここで「NHK職員」と名乗る人間もかなり危険です。
しっかり会社名を名乗るかもポイント。

2に関して、電話をすれば対応してくれるというのは意外でした。

しかし・・・

受付時間が午前9時~午後8時(土・日・祝日も受付)

電話を掛ける際、受付時間が午前9時~午後8時なので、その時間内の限定となります。
またプッシュして選択をしていかないといけないので時間が掛かります。

これは電話後、Googleで色々検索して出てきたのですが、21時ぐらいにも訪問に来る可能性があるらしい・・・
受付時間は夜の20時まで・・・
20時以降に来られたらNHKは使えない・・・

だったら、訪問は「20時まで」に全委託会社・業者に指示しろよ!!

この点に関しては、後述で少しお話が出てきます。

そして、一度その業務委託会社に連絡するとの事で、確認後その委託会社から折り返しの電話をもらうことになりました。

NHK業務委託会社からの電話

数時間後、業務委託会社から連絡が来ました。
基本的には訪問社員が行なった言動についての謝罪と、これからはそういった言動を改めるように指導するというお話でした。
また、訪問にきた社員は私の家には来ないようにするとの事でした。

ま、どーーーーせこの程度と思っていました。
しかもそいつが来ないだけで別の人間は来るんじゃん!!
そして、電話口の方に

どういう風に訪問してきて、どのように帰ったか確認しましたか?

と聞いた所。
初めの内は当たり障りの無い、まぁ見当ハズレではない流れを話し、そして帰りのことについては!!!

「携帯を取りに行かれて戻って来なかったので帰った・・・と。」

はぁぁ????

百歩譲って、戻って来なかったとしよう!!!!
そもそも、取りに行くなんて一言も言ってないけどね!!

お前の会社は他人の家のドアを閉められないようにした挙句に、何も言わず無言で立ち去るのか???

と、勿論これは心の声ですがお伝えしたところ、

「それは、こちらの指導が至らなかったばかりに・・・」

と。
これは、お話中よく出てくるワードです。
私の中では嘘を付いて報告していると思っています。

そちらの会社では、訪問して帰る際は何も言わずに立ち去るのですか?

「それは、こちらの指導が至らなかったばかりに・・・」

一般的に考えて、ドアを勝手に開けたままにして無言で立ち去るのは指導とかではないのでは?

「こちらの指導が至らなかったばかりに・・・」

訪問時名乗らない、ドアを閉めれないようにする、威圧的な言動を踏まえて、戻ってこないから帰ったというは、おかしくないですか?
私は声を大きくし警察と電話をしている最中でしたので、明らかに逃げたと捉えるのが自然ではないですか?

と伝えましたが、なんとかかんとかと話をされて認めない。
ま、現場を見ていないので嘘を言われようが認めるわけはありませんね。

で、NHKの受信料に関しては解約をしているので二度と来ないでほしいとお断りの旨を伝えところ、

無理!!!

つまり、訪問拒否は出来ない!
ここでも拒否されました。

何をどう伝えても訪問拒否は出来ないの一点張り。
理由としては、

今はテレビなど持っていなくても買う可能性があるため。

ま、どうせそう言うと思っていました。

そのNHK委託会社が出来る事としては、1ヶ月に1回や2ヶ月に1回程度に脅迫行為・・・訪問の頻度を少なくする程度。

こちらとしてはかなりストレスですし、また頭がおかしな人間が来るかもしれないという不安でしかない等など伝えたのですが、

訪問拒否は無理!

と話をしている時に妙な一言・・・が。

「他の委託業者も来ますので・・・」

え?

他の業務委託会社からも来るの???

私は、1業者につき訪問する管轄・エリアが決まっていて、来る業者は1社だと思っていました・・・

不安が募る。
そこで気になる点を質問しました。

では、A業者が今月来たとします。来月にB業者が来て、再来月にC業者が来る可能性もあるのでしょうか?

「A:YES♪」

まじかっ!!!!

例え、この会社の訪問拒否が出来たとしても他からもくるなら無駄ではないか!

で、この後も話を続けましたが埒が明かず電話を切ることに。

再度確認のためNHKに電話

複数の委託業者が家に来るのか確認のためもう一度NHKに電話を掛け、聞いてみました。

例えば、A業者が今月来たとします。来月にB業者が来て、再来月にC業者が来る可能性もあると伺ったのですが本当ですか?

「A:YES♪」

れありーーー!!(really)

で、やっぱり不安でしかないので二度と来ないようにしてくれと再度伝えましたが・・・

No!!!

そこで、私の提案!

  • 来る可能性がある業務委託会社を全て教えてくれ!
  • 自分で今回のことを説明する!

「A:回答を濁される。」

NHKの説明は、訪問にくる委託業者はランダムでどこが来るかはその時ではないと分からないような事を言われました。

やる気満々なら「それでも教えて下さい!!」
というべきなのだろうが、私も疲弊しているので、話はここでストップ。

NHKの電話オペレーター曰く、今回の件は私の家に来る可能性のある業務委託会社には何かの端末で情報を入れておくとの事でした。
何か黒い機器持ってた気がするけどあれかな。

で、またいくつか質問しました。

では、もしNHKを名乗る人間が来て、今回の件を知らなかった場合は、
A、その情報を確認していない
B、騙そうとしている詐欺
C、情報は知っているが無視している悪党
のどれかですか?
※Cは誇張してます。

「A:回答を濁される。」

「では、A、B、Cのいづれかに該当していると感じた場合は問答無用で警察に連絡し、逃げようとするなら捕まえていいですか?」

「A:警察を呼ばれるのは任意ですので・・・」

捕まえるという行為は、間違うと暴力的な行為とかになるかもしれないからね。

ただ、警察を呼ぶのはいいようだ。

しかし、何でもかんでもに警察に連絡をするのは確かダメだった気がするので、警察官を呼ぶ時は考えて連絡して下さい。
どういったケースに電話していいか知りたいなら所轄の警察官に聞く方がいいと思います。

で、再度二度と来てほしくないと伝えた結果!!

No!!!

やっぱり無理っっ!

困ったらNHKに電話して下さいとのこと。
しかし、受付時間は夜の20時までとなっているので、また質問をします。

20時以降に訪問にくる事があるみたいですが、本当ですか?

「A:YES♪」

うそっ!!

なかなか在宅されてる時間に訪問出来ないない場合は。20時以降にも訪問する事があるとの事。
つまり、21時ぐらいにも訪問に来る可能性あるみたいなので、質問!

では、もし20時以降に今回のような訪問スタッフがきた場合はどうすればいいですか?

「A:もし希望であれば伺う際に電話を差し上げることも可能なので、それで訪問可能な日時を伝えて頂ければと。」

アンサーになってない!!
迷惑だから来るな!!

ここで一つ気づく。

電話を掛けて貰う事は可能なのか・・・
そして質問。

では、電話で解約している旨を伝え、またテレビ等は無い事を伝えれば訪問はされませんか?

「A:NO!!」

無理ぃぃぃぃ!!!!!!
はい、訪問は絶対にする事でした!!

そして、電話を切りました。

私・・・
NHK解約している・・・
ストレス、不安、恐怖・・・
二度と来てほしくない・・・

これを何度も伝えています。

これって何かの犯罪、もしくは何か法律違反とかじゃないの。
ここまで主張しているのに一切聞き入れない権限は何だ。
まぁとにかく二度と来てほしくないので、どうすればいいかGoogle先生で調べました。

そして調べた結果、消費者センターに電話するか総務省に電話するしかないという結論に至る。

因みに家に来た委託会社名を検索してみると・・・

評判が悪い悪い!脅迫紛いな行為をしてるぅぅぅ!!
これをNHKは完全無視してるって事だな!!
さすが、全国民から受信料を徴収したい会社(特殊法人)なだけはある!!

総務省に問い合わせをする

Advertisement

NHKに電話しても無駄。
あとどこか相談出来る所はないかと調べた結果、消費者センターか総務省しかない。(たぶん)
先に消費者センターに問い合わせてから総務省に問い合わせかなと考えたのですが、もう疲れきっていたので総務省の行政苦情110番(0570-090110)に相談しました。

総務省にNHK受信料問い合わせ

私が電話した際にでた担当者の方は、結構淡白な感じでした。
嫌な感じは全くしなかったのですが、冷静な印象の方で長々と相談には乗ってくれない雰囲気でした。
もしかしたらNHKに関するクレームが多いのかな、と思いつつ話しました。
担当の方に伝えた事は、

  • NHKを既に解約し受信設備はない事。
  • 解約しているのに受信料を払えと言われた事。
  • 説明無しに契約を迫られた事。
  • ドアの閉めれないようにしほぼ家に侵入している状況を作られた事。
  • 警察を呼んだ事。
  • 委託業者の社名及び訪問にきた社員名。
  • NHKの訪問を拒否出来ない事。
  • 訪問にくる会社が1社ではなくランダムに来る事。

以上を伝えました。
そして、行政苦情窓口の方が「え?」と言ったのは「訪問にくる会社が1社ではない」という点。
その話を出すまでは淡々と聞いているだけでしたが、その点は窓口の方も知らなかった模様。
その件について一度NHKに問い合わせみるとの事で、相談は終了し折り返しを待つことになりました。

私としては「NHKの訪問を拒否出来ない事」についてどうなのか知りたかったのですが、もう脳みそが回らなかったです。
因みに自分の名前、住所、電話番号は伝えました。
初めて総務省の行政苦情110番に電話しましたが、長々話しは聞いてくれなさそうなので、予め聞きたい事などを端的に伝えれるように準備した方が良かったと思いました。

行政苦情窓口の折り返しを待っていると知らない電話番号から電話が!

NHKの管轄エリアの人間から電話が来る

行政苦情窓口の折り返しを待っていると知らない電話番号から電話があり、その電話をとってみると・・・

「NHK[管轄エリア名]の[役職名][名前]と申します。」

私が住んでいるエリアのNHKの人から電話が掛かってきました!
総務省の窓口の方から折り返しがあると思っていたので、これはとても意外でした。
これまで話したNHKの方は電話オペレーターのみなので少しは良い話が出来るかなと思いました。

しかし・・・

まっっっったく、良い話は出来なかったwww
私はHNKの訪問を拒否をしたかったのですが、それに関しては出来ないばかりですし、今回のような強引な受信料契約を受けないため代替案を出したりしたのですが、全部出来ない!!
はっきり言って、この電話は無意味!!

唯一、NHK側が行なう事は・・・

「このような事が今後無いようにしっかり指導致します」

それだけかっっ!

あと、委託会社の方にも言われましたが今回自宅に来た訪問スタッフは来ないようにする・・・
別のヤツが来るんじゃ無意味!!
因みにエリア管轄のHNKの方の回答をざっと書くと以下。

  • NHKの訪問拒否:出来ない
  • 電話でのテレビ等の所有確認で訪問拒否:出来ない
  • 解約証明書の類が欲しい:出来ない
  • 指導を受けた旨の全業務委託会社のサイン:出来ない
  • 警察呼んだからその訪問者の身分証を(自宅最寄)警察署に送って:出来ない
  • 「逃げた・立ち去った」のどちらの主張を信じるか?:指導が至らなかった
  • 録画・録音録って良いか:怖がるからしないで欲しい
  • 危ないと感じたら警察呼んで良いか:任意で
  • 何か大きな事件にならない限り拒否出来ないのか:無回答
  • テレビ等買わない誓約書書かせて下さい:出来ない
  • 個人情報(名前・住所等)破棄:出来ない

大体このような感じです。ただのクレーマーみたいですね、これを改めて見ると・・・
まぁ見ず知らずの人間に名前や住所を知られていると思うと恐怖でしかないですね。
仕事中ではない時に来ることも可能ですし。

また、身分証を送ってくれという件に関しては、自宅に警察官が来た際「業務委託会社名もその訪問者の名前も何も伝えられなかったため」偽名で脅迫紛いな取立を行なっているのでは」と思って言ってみました。
自宅の個人情報は勝手にバラ撒かれているんで、せめて今後ほかで同じことがあった時に警察官もお仕事がしやすいようにと思って。
そもそもNHK受信料の取立てをしている人間は本名なのか。偽名だから好き勝手に取立てができるのではと。ここはもう少し突っ込んで聞いてみれば良かった・・・反省。

このNHK問題が終わった後、念のため最寄の警察署に行って会社名と訪問者の名前は伝えました。

NHKの方からは、「一度ご説明のために伺わせて頂ければ」と言われましたが、拒否しました。
理由としては、

  • 自宅に来られて説明されても訪問の納得はしない。
  • 謝罪は電話でして頂いたので不要。
  • NHK側からの代替案は全くない。

というためです。
結局「今はテレビなど持っていなくても買う可能性があるため。」という名目のもと、恐怖・ストレスなど与えて根負けしてNHK受信料を支払うまでは訪問する!って事なので、わざわざ自宅に来られても迷惑。
何を言われようが、私の主張は訪問拒否!しかありませんので。

このように全く無意味だった電話でのやり取りだったので、一つだけこれから私の家に訪問にきたら行なう行動を伝えました。
それは、

NHK訪問社員が来たら録画・録音する

もう、これだけは宣言しました。

録画・録音は必ずします。

勿論、了承は得られませんが防犯のため行なう事を宣言しました。
特に今回、私は逃げたと主張しているのに証拠がないから立ち去ったとされています。
このような事が二度と起きないように録画・録音は必ずします。

NHKが録画・録音を嫌がる理由

但し、録画・録音に関して嫌がる理由も分かります。
今、YouTube、SNSなど簡単に全世界に情報を発信する事が出来ます。
しかもお金を稼ぐために法律違反に近い事をされたりする方もいます。
そのため、録画・録音を嫌がるのも理解出来ます。

ただ、私の場合は自分を守るためだけ、防犯として記録を録るだけなので嫌がられても行ないます。
自宅で防犯のためだけに記録を録るのは全く問題ないと私は思っています。
これが拒否されるなら、銀行やお店の防犯カメラはどうなのか、一軒家やマンションで防犯カメラを取り付けているのはどうなのか、と思います。
ま、詳しくは分かりませんが。
とりあえず、私は録画・録音はします。

しかし、ネットで公表するような事はしない・・・が、あまりにも今回のように悪質であれば別。
NHKは、こういう犯罪に近い契約や受信料徴収をしている事は絶対に分かっています。
しかし、テレビでは全く放送しません。
勿論、他の放送局も放送しません。
※もし放送されてたらネットで話題になっているはず。

そうやって隠蔽をし続けているのなら、YouTubeやSNSなどに投稿されるのは仕方が無い。
そこまでして人に周知させていかなければ一生NHKの体質は変わらないと思います。

でも、録画・録音を録られるのを嫌がる理由はこれではないと私は思っています。
何が嫌か。
それは、NHKの評判を落としたくないだけ!!
ま、これでしょうね。
NHKにしたら委託業者がどうなろうと全く気にしないでしょう。
気にするのは、NHKの信頼や評判だけ!!
ただでさえ、インターネット利用者からNHK受信料を搾取しようとしている会社ですからね。
なるべく綺麗な体でいたいはず。
企業である以上は、そこは理解はするが・・・
厳密に言うと「特殊法人」だが。

Advertisement

NHKとの戦いは敗北に終わる

結局、NHKの訪問拒否が出来なかったので私の負けです。
やはり国がバックに付いている会社は、非力な一般人の力ではどうにもならない。

管轄エリアのNHKの方との電話後、というか途中に総務省窓口の方から折り返しの電話がありました。
そして、再度話しをしたが訪問拒否が出来なかった事、話の内容に関しては全く納得していない事をお伝えしました。
総務省の方の一言。

「企業ですからね・・・」

この一言をどう捉えるかは人それぞれ。
ただ、国・放送法などに守られた企業(特殊法人)が私利私欲のため業務委託を利用し、強引に契約または受信料を搾取する言動には甚だ疑問を感じます。

因みに今回来た業務委託会社の社名と訪問社員の名前を伝えた所は、

  • NHK
  • 総務省行政苦情相談窓口
  • 最寄の警察署
  • 市役所(メール)
  • 不動産屋(仲が良いから)
  • 知り合い関係

友人に今回のことを話したら、知り合いの政治家紹介しようか?と言われましたが、証拠も何もないのでお断りしました。

以上、乱筆、乱文です申し訳ありません。
もう、ただの愚痴ですね!
いちを現在では受信設備がある場合は、NHK受信料を払わないといけないようなので何かある方は支払った方がいいかも。
い・ち・を締めとして記載。
一人暮らしの女性やお年寄りの方が怖い目に合いませんように。

今後のNHK対策・注意は「NHKのしつこい営業を追い返す対策」にまとめました。
また、ひどい文章ですが「恐怖のNHKよくある質問集」もあります。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. tomomi より:

    NHK委託業者の手口がビックリです!

    昼間NHKらしき人がカメラ付きインターホンを鳴らしました。

    私はドアをコンコンする人は嫌な感じがするので出ませんでした。

    その後すぐに黄色いヘルメットを被り電力会社のような青い作業着を来た方が来たので出ました。(電力会社の点検は事前にお知らせの紙がポストに入るので、おかしいな…と思いましたが…)

    その方はドア上のメーターのネジにドライバーを当てながら、「漏電が疑われるので調べます」と言ったので、私が見ていると、
    「終わったらインターホン鳴らしますので、中でお待ち下さい」と言ったので、
    私は部屋で待っていると、1分程だったと思いますが、
    すぐにインターホンが鳴ってドアを開けると、玄関にサッと入って来て玄関上のブレーカーに懐中電灯を当てて、ただ見ていました。

    そして「ちょっといいですかー?」と言って玄関に上がってきて、
    更にブレーカーを照らして見ていると「今回異常は無いようなので大丈夫です」
    「最近ここに引越しして来られたんですか?」と聞かれたので、
    私が「1年は経ちますけど〜」と答えると「え〜そうなんですか〜」と言われました。
    その後すぐに私は夕方の買い物に2時間ほど外出して、帰って来るとインターホンのカメラに同じNHKらしき人が2度写っていました。

    そこで気付きました。あの電力会社らしき人は玄関口まで上がり込み、その時に、ついていたテレビの音を確認していたのです。

    帰りに電力会社の小さなパンフレットに2箇所チェックをして渡されて、私がすっかり信じていたので「ありがとうございます」と丁寧にお礼を言うと、
    相手は「お騒がせして申し訳ありません」と言って帰られました。凄い方法です。嘘つきだと思いました。

    • 管理人 より:

      そんな悪質な手口もあるんですね!
      アポ無しの訪問は何であっても怖いですね。
      こうなると誰も信用できなくなってしまいます・・・

      貴重な経験談、ありがとうございました。

  2. ホンダ より:

    NHKには、受信料を返してもらう事ができないので、弁護士を依頼する予定です。
    私は平成26年に今の場所に引っ越したのですが、すぐにNHKの委託業者が申し込みの書類を持ってきました。私は一応確認の為に身体障害者ですが割引きとかありませんか?と確認しましたが、ないと言われました。そして、私も生活保護になって仕事もできない状態ですので、免除になったのですが、これまでの四年間はずっと支払いしてました。一昨日何気にネットを読んだ時、障害者手帳1~3級の人は免除なんだそうです。はぁ~?とNHKに確認すると、返金はしてません。とのひと言、何故かと理由を聞くと、その時、申請しないからとの事!コンプライアンスもあったもんじゃない。放送法も調べ、行政法、憲法も調べて、役所の担当に相談すると、弁護士を紹介してくれました。
    たったの10万の犯罪行為が、憲法の違反や商法、行政法、並びに放送法の違反まで絡んだ結果になりそうです。

    • 管理人 より:

      返金されないと言われたんですね。かなり酷い・・・
      委託業者も免除になる対象は把握していないのですね。やはり強制徴収のやり方しか教えられていないのでしょう。
      委託業者に割引など「ない」と言われた証拠があれば返金できそうな気がしますが無い場合はどうなるのか・・・

      NHKには、受信料を返してもらう事ができないので、弁護士を依頼する予定です。

      弁護士に依頼されるという事で、どのようにしてくれるのか、または返金ができるのかは弁護士の手腕にかかってきそうですね。
      私は総務省まで電話をしてみても全く良い結果に結びつきませんでしたのでやはりNHKは手強い。
      ホンダ様が今後どのように弁護士と進めていくかは分かりませんが、かなり精神的ストレスになるかと思います。
      お体には十分気をつけて下さいね。

  3. musume より:

    一人暮らし79歳母から聞いた話しです。

    最近マンションの屋上BSアンテナが付いたそうです。

    するとヤクザ風の二人(母が言うには)が、インターホンを鳴らし怖いので出なかったそうです。

    またしつこく来るのでオートロックのインターホンで話すと、NHK委託業者で「BSが付いたのでその分を払って下さい」との事。
    母はこれ以上受信料が高くなるのは嫌だったので「BSは観ませんので」と言ったら、帰ったので安心していたそうです。

    しばらくして母は、テレビ通販で買物し注文しました。
    それがBS番組だったのです…

    そのあとすぐNHK委託業者に「あなた通販で買物されましたよね〜BS観てますよね〜」と言われて、母はハイとしか言えなくて、そのままBSの分払うように契約させられたそうです。

    私はその話しを聞いてテレビと繋がってるなんて怖いと思いました。

    母も「テレビ通販の買物は怖いから、もう出来なくなった」と言っていました。

    年寄りの楽しみだったのに悲しいです…