HTTPS化注意!FIREBIRDはwwwありなしの2Way利用が出来ない

レンタルサーバーファイアバード(FIREBIRD)では、HTTPS化(常時SSL化)にした際SSL証明書の2Way利用(wwwあり・なし)が出来ない。
そんな事実をhttps(常時SSL)へ変更した後に知ってしまった。もし、それを知らない方でHTTPSへの変更をファイヤーバードでお考えならご注意下さい。

ファイヤーバード(ネットオウル株式会社)は、「スターサーバー/Star Server(同会社)」に統合されました。
無料のSSL証明書「Let’s Encrypt」も利用出来るので、126円(税抜)~と安い料金で借りれますのでおすすめのサーバーに生まれ変わりましたね!

スポンサーリンク

取得したSSL証明書ブランド

ファイアバードで運営しているサイトは、マルチサイト化したWordPressです。
SSL証明書の取得は、「SSL BOX(エスエスエル ボックス)」という、レンタルサーバーファイアバードと同じ会社のネットオウル(Netowl)社のサービスを利用しなければなりません。
https://www.star.ne.jp/

ファイアバードでは、無料のSSL証明書「Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)」が利用出来ないので、
※今はStar Server(同会社)になり利用可能!
「世界シェアNo.1のComodo社を認証局に採用した高い信頼性を誇るSSL証明書」と謳われている「CoreSSL」でSSL証明書を発行しました。

・・・(実際はSSL証明書サービス「SSLボックス」内で一番安い料金だからです。)

CoreSSLとは

CoreSSL証明書とは

SSL証明書の発行において世界シェアNo.1のComodo社を認証局としたSSL証明書なので信頼性はあります。
たまにドコモにと空見してしまう・・・のは私だけかな。。。

個人でも取得出来るSSL証明書で、他と比べると価格も安いです。
また、2Way利用(wwwあり・なし)が可能となっています。

但し・・・

サイトシールは載せれない!

サイトシールとは

サイトシールとは以下のようなマークですね。

サイトシールとは

これをサイトに載せる事で、「私のサイトは安全ですよ~!」アピールするわけです。
ま、一般の方がどれほどこのサイトシールを意識しているかは分かりませんが、無いより有った方が良いとは思います。

2Way利用可能な証明書をファイアバードで使用すると

SSLボックスでCoreSSLの証明書取得後、「wwwあり・なし」のどちらかは、「安全な接続ではありません(ファイヤーフォックスの場合)」と表示され、サイトは表示されません。

安全な接続ではありません(ファイヤーフォックスの場合)

「不正なセキュリティ証明書を使用しています。(エラーコード: SSL_ERROR_BAD_CERT_DOMAIN)」との記載もあり、つまりは有効な証明書じゃないからサイトは表示出来ないよとなります。

不正なセキュリティ証明書を使用しています。(エラーコード: SSL_ERROR_BAD_CERT_DOMAIN)

ファイアバードへ問い合わせた結果

お客様が取得されたSSLのコモンネームですが
「www.ドメイン名」ではなく「ドメイン名」でございます。

そのため<https://www.ドメイン名/>ではアクセスができず
<https://ドメイン名/>でのアクセスのみが可能でございます。

[.htaccess]でリダイレクトの設定などされておりましても
<https://ドメイン名/>でのアクセスそのものが不可能なため
[.htaccess]の内容も参照されないとお考えいただければと存じます。

つまり、ファイアバードではコモンネームのみSSLの証明書が発行されるという事です。
HTTPS化前に、よくある質問など確認してたはずなのですが、そんな記載は無かった気が・・・

事前に聞けよ!と言われれば、それまでで、その通りです!
ファイヤーバードは電話での問い合わせがないので、多分大丈夫だろうと勝手に思い込んでHTTPS化してしまった自分のミスです!

wwwあり・なしの統一は出来ないのか?

HTTPSに変更し、コンソールでURLを統一する場合は、

  • http://~
  • http://www.~
  • https://~
  • https://www.~

の4つURLを登録します。
その後、統一させるURLを設定します。

参考Google Search Consoleでwwwあり・なしの統一が出来ない

ですが、ファイヤーバードは「wwwあり・なし」の2way利用が出来ませんので、3つしか登録できない事になります。
私がファイヤーバードで運営しているワードプレスの場合、「https」且つ「wwwなし」にしていますので、

  • http://~
  • http://www.~
  • https://~

の3つURLを登録しています。
参考ワードプレスマルチサイトをhttpからhttps!ファイアバードの設定方法・やり方

いちをURLの統一は出来るので、問題はないとは思います。
が、何となく気持ち悪いwww
https://www.star.ne.jp/

SEOの観点から、この2way利用が出来ないことがマイナスになる。重複コンテンツなどと判断されるかは分かりません。(それはSEOの専門家に聞いて下さい。)
もし気になるならファイアバード(FIREBIRD)でのHTTPS化(常時SSL)は止めて、他のレンタルサーバーを利用した方が良いと思います。
エックスサーバーなら、料金は少し高くはなりますが2way利用が無料で使えますのでとてもおすすめです。

無料でお試し期間あり!
独自SSLが無料で使える!
独自ドメインをプレゼント!
エックスサーバーのWordPress特化版!
独自SSLが無料で運用可能!
大容量30GB、月額1,000円(税抜)~!
スポンサーリンク

フォローする